MENU

楽天モバイル・Wi-Fiなしでオンライン配信ライブを視聴|使用したギガ数や気になったところ

近年、オンライン上でリアルタイムなライブの様子を配信するオンラインライブが増えています。

  • 好きな場所でライブが楽しめる
  • 期間内であれば見逃し視聴で何度もライブを楽しめる
  • コメント欄などで他の視聴者と感想を共有できる

サービスに差はありますが、このように配信ライブならではの楽しみ方があるのは、現場に行けないオタクにとっても嬉しいサービスですよね。

しかし、一方で気になるのがスマホなどの端末の消費ギガ数。せっかく配信ライブを購入しても満足に見られない…なんてことになったら悲しいですよね。

Wi-Fiなしで配信ライブを視聴できるのかな…。

自宅にWi-Fi環境がないため、気になるライブがあっても購入を見送ってきたのですが、今回初めてオンラインライブを視聴してみました。

ライブを視聴したネット環境

  • Wi-Fiなし
  • 楽天モバイル・パートナー回線
  • データ高速モード

上記のネット環境でライブを視聴した結果、高速モードを使えば、Wi-Fiなしでもある程度ライブ視聴を楽しめることがわかりました。

ちなみに、楽天モバイルの低速モードではネット回線の速度がたりずに、映像をダウンロードできませんでした。
高速モードの利用が必須だよ!

この記事では、Wi-Fiなしで配信ライブを視聴したときの消費ギガ数、気になったところなどを紹介しています。

オンラインの配信ライブの購入を検討している方の参考になれば嬉しいです。

ネットを視聴する時間や環境によってもギガ数は異なるので、一例として参考にされてくださいね。

目次

Wi-Fiなし!オンラインライブの消費ギガ数の実例紹介

今回、配信ライブを視聴するにあたり、プラットフォームとしてステージクラウドというサービスを利用しました。

ライブによって、プラットフォームは異なると思いますが、どのサイトでも推奨環境が示されているので購入の前に確認されることをおすすめします。

ライブ情報や測定の方法

  • 配信時間は約2時間50分
  • 「実測」は、配信の前後でスマホアプリでギガ数の変化をチェックしたもの
  • 「推定」と書かれているものは、視聴時間当たりのギガ数をもとに計算したもの
  • 画質については、自動調整機能におまかせ

自動調整機能とは、視聴環境に合わせて画質を自動で切り替える機能のことです。

Wi-Fiなしの我が家の環境では、低画質モードになることが多かったです。高画質で見たい場合には、ギガ数の購入やネット環境の整備が必要になりそうです。
高画質で視聴するほど、消費するギガ数も大きくなるよ。

スマホをテレビとつないで視聴した場合:実測2.50GB

リアルタイムで配信ライブを視聴するときには、テレビとつないで視聴しました。

2時間50分の視聴時間した結果、消費ギガ数の実測値は2.50GBでわりと少なめ。

よかったところ

  • テレビの大画面で視聴できる
  • 全体的にスムーズに視聴できる

気になったところ

  • 画質が粗い時間が多かった
  • 1~2秒ほどの映像の乱れが2回あった

待機映像の時点ではきれいな画質でしたが、ライブが始まると低画質に調整され、推しのビジュアルをしっかり見るにはものたりない感じがしました。

ライブ視聴自体はスムーズだったので、多少の乱れがあってもストレスなく視聴することができましたよ。

ちなみに、Wi-Fiなしの環境でiPhoneをテレビにつなぐには、純正品のライトニングケーブルがおすすめ

もともとは安価な類似品を使っていましたが、データ容量が大きいとうまく映せないため、ライブ視聴のために新たに純正品を購入しました。

スマホだけで視聴した場合:推定3.58GB

見逃し視聴では、大画面で気になった画質を求めてスマホで視聴。

実測値は、38分間の視聴で0.80GBの消費。計算すると2時間50分あたり推定3.58GBの消費量になります。

よかったところ

  • 割と高画質で視聴できる
  • スムーズに視聴できる

気になったところ

  • 画面が小さい
  • 会場全体の演出が物足りなく感じる

テレビで見るよりも推しのお顔が鮮明に見えるので、ビジュアルを楽しみたい人はスマホでの視聴がおすすめです。

ただし、画面が小さいので、会場全体の演出が映し出されてもテレビやライビュほどの感動はありませんでした。

ライブの臨場感を味わうなら、できるだけ大きな画面で見たいところです。

テザリングを利用してパソコンで視聴した場合:推定7.37GB

ある程度の高画質&画面の大きさを求めて、スマホのテザリング機能を使ってパソコンでも視聴しました。

実測値は、30分間の視聴で1.30GBの消費。計算すると2時間50分あたり推定7.37GBの消費量になります。

よかったところ

  • スマホより大きい画面で視聴できる
  • 画質もきれいな時間が多い

気になったところ

  • 高画質だと映像が止まりやすい
  • ギガ数の消費が多い

大きい画面で高画質な映像を見るとなると、やはり消費ギガ数は大きくなってしまいます。

また、高画質で視聴するには、ネットの速度が不十分だったようで映像の乱れも多めに…。

気になるところもありますが、画面の大きさと画質の両立という点では、一番見やかったですよ。

ちなみに、私は途中で使えるギガ数がなくなってしまって、視聴できなくなってしまいました。
ギガ数の確保は計画的に!!!

まとめ:Wi-Fiなしでライブ配信を視聴するならギガ数の確保が大切!

Wi-Fiなしの環境でもライブの雰囲気を楽しむことはできますが、よりオンラインライブを楽しみたい、高画質で何度も視聴したいという人は、ギガ数やネット環境があるにこしたことはないです。

実際に視聴してみた結果、ギガ数の制限があると、ライブを視聴できる回数や画質への影響がかなり大きいということがわかりました。

せっかく配信ライブのチケットを購入したのに、満足いくまで視聴ができないなんて悲しすぎるし、どうせなら見逃し視聴も期間内でたっぷり堪能したいところ。

気になる配信ライブが決定したら、チケットの購入と同時にネット環境も整えておくと、より推しとの時間を楽しむことができそうですね。

調べてみると、楽天モバイルの場合は、ギガ数を追加購入するより、縛りなしのレンタルWi-Fiを利用する方がコスパがいいみたい。

最短即日発送でクラウドWiFiの最新機種をレンタルしてみる!

クラウドWiFiの特長

  • レンタル期間1か月、月額2,580円から利用できる
  • 土日祝日を除く営業日14時までの申し込みで当日発送
  • 20GB、50GB、100GBのプランを選べる
推しと一緒にすてきなひとときを過ごしましょうね♪
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ゆとりのある人になるのが目標。
頭に乗っているのは、ゆトリさんです。

コメント

コメントする

目次