自分の時間

児童英語インストラクター資格の受講レビュー|英語を教える基本スキルが学べる

2021年10月1日

2020年度から新しい学習指導要領が施工されたことで、小学校5・6年生では「外国語」が正式に教科化されました。

また、従来5・6年生で行われていた「外国語活動」は小学校3・4年生まで引き下げらる、幼稚園や保育園でも積極的に英語遊びを取り入れられるなど、近年、小さいうちから英語にふれる機会が増えてきています。

児童英語インストラクターとは、ゲーム感覚のアクティビティーや歌で遊びながら、英語を楽しく教えられるというスキルを証明する資格です。

筆者は、幼稚園教諭・小学校教諭の免許をもっていて、自宅でもおうち英語に取り組んでいます。自分自身の仕事や、おうち英語の取り組みに活かせる知識を身につけたいと思い、この講座を受講しました。

この記事では、実際に児童英語インストラクター資格取得講座を修了した筆者が、講座のレビューや感想を紹介します。

この記事でわかること

  • 児童英語インストラクター資格取得講座をおすすめな人
  • 児童英語インストラクター資格取得講座の内容
  • 児童英語インストラクター資格は就職に役立つか
資格取得を考えられている人の参考になれば幸いです。

\資料請求で内容確認/
児童英語インストラクター資格取得講座

児童英語インストラクターはこんな人におすすめ!

児童英語インストラクター資格取得講座の内容を紹介する前に、この講座がどんな人に向いているのかをお伝えします。

まずは、ご自身の資格取得の目的に合っているか確認しながら読まれてみてください。

児童英語インストラクターで求められる英語力のレベルについて、テキスト内では次のように書かれています。

目安としては、中学校卒業程度の英語力、英語検定でいうところの3級程度は必須でしょう。

(中略)

聴かれたことにすぐに答えてあげられるように、英語力はあればあるほど良いので、日々自分の能力に磨きをかけていきましょう。

引用:児童英語インストラクターテキスト1

児童英語インストラクターの講座は、子どもに英語を教えるスキルを身につけることが目的です。

もし、ご自身の英語力を高めることを目的とされている方には、この講座は向かないと思います。

筆者が当講座をおすすめするのは、中学校卒業程度以上の英語力があり、子どもに楽しく英語を教えるスキルを身につけたいと考えられている人です。

具体的にはこのような人におすすめです。

自分の子どもに英語を楽しく教えたい人

この講座では、次のようなことが学べます。

  • 子どもの年齢に合った20以上のアクティビティー
  • 英語でのほめ方・声のかけ方の例
  • フォニックスの発音のしかた

おうち英語をしていると、お子さんの英語イヤイヤ期があったり、進め方に迷ったりと、お悩みに直面することもありますよね。

この講座で年齢に合ったアクティビティーを学ぶことで、お子さんと英語を使って楽しく遊べる時間が増やせます。

また、簡単なフレーズやフォニックスについても学べるので、おうちの人も英語で声かけしやすくなりますよ。

英語に自信がないけれど、おうち英語でお子さんに積極的に関わりたいと思っている人は学ぶ価値ありです。

幼稚園や小学校で英語を教えている人

2020年度から、小学校3・4年生から外国語活動が始まり、小学校低学年や幼稚園・保育園でも英語遊びが取り入れられるようになりました。

ワールド・ファミリー バイリンガルサイエンス研究所は、2014年度の小学校学級担任の外国語活動に対する意識調査(文部科学省)の結果を、次のようなグラフにしています。

グラフ|小学校の学級担任の外国語活動に対する意識
出典:文部科学省(2015a)IBSグラフ作成

教育現場への英語の需要とは対照的に、実際の先生たちの意識はまだまだ英語に消極的であるのが現状です。

高い英語力を短期間で身につけることは難しいかもしれませんが、この講座では学習期間の目安を4か月とし、英語を教えるスキルを磨くことができます。

  • 現役の英語講師の授業の様子
  • 学年別のアクティビティーの組み方
  • クラスルームイングリッシュ

上記のような内容を学ぶことで、授業の計画や、英語での声かけに自信がもて、楽しい外国語の授業づくりに生かすことができます。

外国語の授業力を向上させて、先生のスキルアップを目指すことができます。

自分の英語力を指導に生かす方法を知りたい人

すでに高い英語力をもち、その力を教育活動に活かしたいけれど、指導の方法がわからない。そんな悩みもこの講座で解決することができます。

  • 学校英語教育の現状
  • 子どもへの関わり方
  • 指導計画の立て方

上記のように、初めて子どもに英語を教える人に役立つ内容についても学ぶことができる講座です。

英語力を生かす場として、英語教室などの開業を考えられている人におすすめです。

\講座申込はこちら/
児童英語インストラクター資格取得講座

児童英語インストラクター資格取得講座のレビュー

テキストと映像資料

幼児から小学生までの英語指導スキルを基礎から学ぶことができる児童英語インストラクター資格取得講座。

届く教材は下記のとおりです。

  • テキスト4冊
  • 映像資料DVD6枚
  • イラスト集CD1枚
  • 添削問題集1冊
  • レッスンプラン例4枚
それぞれの内容をくわしく紹介します。

◎テキストごとに整理された学習内容

テキストは学習内容ごとに分かれています。

テキスト1

  • 児童英語インストラクターの心構え
  • 小学校の英語教育の実態
  • 英語の習得法

上記のような、英語教育の土台となる部分を学習します。

英語教育の内容は2020年度の施行前にまとめられた内容だったので、それ以降に学ぶ人は時系列がわかりづらいところがあるかもしれません。

テキスト2

  • レッスンの行い方
  • 子どもの年齢に合わせた指導法
  • レッスンプランの作成

上記のように、英語のレッスンを行う具体的な方法について学びます。

年齢別の指導法や、クラスルームイングリッシュ、アクティビティーはおうち英語にも生かせる内容です。

テキスト3

  • 語彙力トレーニング
  • 言い換えの力をトレーニング
  • 創造力をトレーニング

テキスト3では、インストラクターに必要な基礎力や英語力を身につけるためのワーク形式になっています。

単語を簡単な英文で説明したり、レッスンプランを発想したりする練習をすることができます。

簡単な英文をアウトプットする練習ができ、英語を使うことへの苦手意識が少し減りました。

テキスト4

  • フォニックス
  • チャンツ
  • ミニテスト

テキスト4では、フォニックスやチャンツなど実際の英語指導に利用できる内容を学びます。

フォニックスは一つ一つの音を丁寧に説明されているので、英語の発音に自信のない人でも、テキストを見ながら練習できます。

チャンツは、学習内容別の例や、効果的に利用するポイントがまとめられていて、実践に活かしやすいですよ。

DVDと連動したミニテストがあり、日本人が苦手としやすい音のリスニングや発音を確認することができるのもポイント。

映像では音声や口の形もわかりやすく映されています。練習を重ねて自信をつけたいところです。

◎レッスンの流れがわかる映像資料

レッスンプランは4例

映像資料のDVDでは、講師の先生による実際の授業場面のダイジェストを見ることができます。

  • 幼児(DVD1)
  • 小学校低学年(DVD2)
  • 小学校中学年(DVD3)
  • 小学校高学年(DVD4)

DVDは上記のように年齢別に分かれています。

レッスン内容に加えて、英語環境のつくり方、掲示物、声かけや指示の仕方などを映像で学べるのはわかりやすかったです。

◎イラスト集は実践でも使える素材

イラスト集のCDには、アルファベット・数字・色・感情など、レッスンにすぐに使えるような絵カードのデータが収録されています。

その数、なんと96枚。すべてフルカラーのイラストでした。

実践で使える教材があるのは、ありがたいですね。フラッシュカードのイメージももてました。

◎年齢ごとのレッスンプラン例

別添教材として、DVDに収録されたレッスンのレッスンプラン(指導計画)もあります。

レッスンプランでは、指導のポイントや時間配分、英語での指示語を確認することができます。

自分でレッスンプランをつくる課題でも、参考になりますよ。

△添削課題の提出は郵送のみ

この講座の残念なところは、添削課題の提出が郵送のみというところです。

キャリカレの他の講座では、ネット上で学習内容のおさらい(確認問題)をしたり、添削課題を解いたりできるものもありますが、児童英語インストラクター資格取得講座はWEB添削に対応していませんでした(2021年6月時点)。

レッスンプランを作成する課題もあるのですが、手書きで書くのはなかなか大変でした。

講座修了までに全4回の課題提出をする必要がありますが、課題送付用と返送用の切手の用意が必要になります。

◎メールでの指導スキル教科サービス

強化サービスのメール画面

添削課題を提出するときに、指導スキル強化サービスを希望することができます。

課題提出後に希望したアドレスにメールが届くサービスです。

参観日への対策や保護者との関係づくりなど、英語レッスンを行うにあたって必要になる部分について、さらに踏み込んで学習することができます。

ためになる内容がたくさんあるので、ぜひ、希望されてくださいね。

◎資格修了後も個人レッスンあり

講座の終了に必要な課題提出は全4回ですが、希望者はその後4回まで個人レッスン課題に取り組むことができます。

添削課題のレッスンプランも含めると、全部で10回分のレッスンプランを考えることになります。

スキルアップしながら、ご自身のレッスンのストックをつくれます。

講師としての活躍を目指す人は、ぜひ取り組みたいところですね。

\資料請求でさらに内容確認/
児童英語インストラクター資格取得講座

講座を受けてよかったことは3つ

筆者がこの講座を受講したきっかけは2つあります。

  1. おうち英語に活かせる英語の指導スキルを知りたかった。
  2. 幼・小免許保持者として英語の指導法を学んでおきたかった。

実際に講座を受けてみてよかったと感じたことを紹介します。

1.英語を教えるときに使えるスキルを学べた

テキスト2・4では、英語の指導法、クラスルームイングリッシュ、フォニックス・チャンツなどについて学ぶことができました。

幼稚園や小学校の先生向けに研修などが行われている場合もあるようですが、1日の研修ではなかなかスキルを身につけることは難しいです。

この講座では、テキストやDVDを確認したり、添削課題で実際に自分でレッスンプランをつくったりするので、実践を意識した学習をすることができました。

在宅で、自分のペースで何度もくり返し学べるのは通信教育ならではの強みだと感じました。

2.簡単な語彙で説明する練習ができた

テキスト3では、実際にテキストに書き込みながら言い換え方や、レッスンのアクティビティーに使えるセンテンスを考える内容でした。

簡単な単語でも、下記のようないろいろな切り口からレッスン案を練っていきます。

  • どんな場面で使われるか
  • どんな表現をするか
  • どんなアクティビティーがつくれそうか

英語には自信がない筆者ですが、ちょっとだけフレーズの幅が増えたような気がしています。

巻末の解答例の英文もすごく簡単だったので、難しく考えすぎずに英文をつくる練習ができました♪(そんな気になってます。)

3.実際の英語教室のイメージをつかめた

  • おうち英語をしているけど、英会話教室は敷居が高い…
  • 英語を教えたいけど、どうやって教えればいいんだろう…

DVDの映像教材を見ると、そんな悩みが少し軽くなりました。

実際の英語教室のレッスンを見ることができるので、家庭でも楽しく英語環境をつくるヒントを得ることができました。

また、教員免許保持者としても、レッスンで子どもたちが遊び感覚で英語にふれているところを見て、幼稚園や小学校の活動の中でも楽しいアクティビティーを取り入れるイメージをもつことができました。

[/st-kaiwa4]学習前は漠然と悩む状態でしたが、イメージがあるとやってみたい活動のアイディアも浮かぶようになりました。[/st-kaiwa4]

児童英語インストラクターは仕事で使えるか?

ここまで、児童英語インストラクター資格取得講座について、内容や感想をお伝えしてきました。

でも、資格を取るならば、実際に仕事で生かすことができるのかというのも気になるところですよね。

児童英語インストラクター資格の需要は低い

小学校低学年などでも、外国語活動の需要が高まっている昨今ですが、残念ながら、資格を取得しても学校現場の求人で大幅に有利になるわけではないと考えられます。

理由は次の2点です。

  • 児童英語インストラクターは英語力の証明にはならないから
  • 日本人英語講師(JTE)より外国人英語講師(ALT)の需要が高いから

児童英語インストラクターはJADPが認定する民間資格で、知名度が高くありません。また、JTEは英検3級程度の英語力で取ることができる資格です。

TOEICや英検など、英語力がはっきりとわかる実績のある人の方が重宝されるでしょう。

さらに、JTEよりもALTの採用に力を入れている自治体や英語教室が多いです。

英語を教えることを仕事とする場合には、児童英語インストラクター資格取得後も、英語力に磨きをかける必要はありそうです。

資格をもっていることはアピールポイントになる

とはいえ、英語教育の広がりとともに、教育現場や子ども向けの塾で活躍の場が広がることは間違いありません。

資格を取って学んだことは、ご自身の自信や、他者へのアピールポイントとなります。

実際に、資格取得後したことで、活動現場での信頼を得ている、英語教室の開業を予定しているといった卒業生の声もあります。

  • おうち英語で自分の子どもに英語を教えたい人
  • 幼稚園や小学校で(自信なく)英語を教えている人
  • ご自分の高い英語力を使って英語教育に関わりたい人

著者は講座を修了してみて、上記のような人のスキルアップにつながる内容が多く学べる講座だと感じました。

おうち英語をもっと楽しみたい保護者の方や、英語に自信がないけれどスキルアップを目指したい先生などには、手軽にわかりやすく学べる講座内容ですよ。

まとめ:おうち英語をもっと楽しみたい人や英語が苦手な先生におすすめの講座

児童英語インストラクター資格取得講座は、中学校卒業程度(英検3級レベル)の英語力で、資格取得を目指せる講座です。

講座を受けることで

  • 幼児から小学生までの英語指導スキル
  • 英語での簡単な指示・声かけのフレーズ
  • レッスンプランの作成方法

などを、学ぶことができます。

あなたも、児童英語インストラクター資格取得講座を受けて、仕事や日常生活に学びを活かしてみませんか。

\講座申込はこちら/
児童英語インストラクター資格取得講座

-自分の時間
-